赤ちゃんの寝相が悪い! ママやパパが気をつけることは?(1才6カ月)

コラム
公開日:2015/02/12
更新日:2016/09/15
赤ちゃんの寝相が悪い! ママやパパが気をつけることは?(1才6カ月)

Q 寝相が悪く、いつも布団をはいでしまいます。何か注意することはできることは?

A.スリーパーを活用するのも手。転落には注意をはらって

寝相は個人差の大きいものですが、基本的に赤ちゃんは寝相が悪いと思っていいでしょう。パパやママが寝る前と、明け方の気温が下がるころに布団をかけ直してあげましょう。心配ならスリーパーを着せるのもひとつの手です。
また、大人のベッドで一緒に寝ている場合は、ベッドガードを設置するなど、寝相が悪くてもケガをしないような安全対策をしっかりしましょう。

b20160216nagasawa03

Nちゃん(1才6カ月)
(身長79.0cm/体重10.6kg)

「スプーン使いがじょうずになりました。オクソートットのプレートは、食べ物がすくいやすくすべりにくい作りなので、娘も食べやすいみたい。最近、おしゃべりがさらにじょうずになり、私が話しかけると『うん』と絶妙なタイミングでお返事してくれます。気持ちが伝わっているのだと感動してしまいます!」(ママ)

お答え/わたなべ医院副院長 渡辺とよこ先生 
札幌医科大学医学部卒業後、国立小児病院新生児科(NICU)や東京都立墨東病院周産期センター新生児科部長、同病院副院長をへて2014年より現職に。多くの乳幼児をみてきた渡辺先生ならではの、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。
出典:Baby-mo(ベビモ)2014春夏号「成長ダイアリー」
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム