保育園の入園準備は早めにスタートがカギ! 慌てないための5つのポイント

コラム
公開日:2016/01/23
更新日:2016/12/07
保育園の入園準備は早めにスタートがカギ! 慌てないための5つのポイント

職場復帰に向けて、4月入園の合否を心待ちにしているママも多いのではないでしょうか。保育園の説明会から入園まではあっという間なので、できるだけ効率よく準備をすすめたいですね。5つのポイントを押さえてスムーズな保育園入園準備を目指しましょう。

1.保育園用の衣類を購入しよう

着替えがしやすく、フードやひもがついてない服が多くの園の条件。「着替えたときに変なコーデにならないよう、シンプルな服に(A・Iさん/会社員)、「すぐ大きくなるので、ワンサイズ上のものも購入。丈が長いものは危なくないよう、すそ上げを」(とまっちさん/教員)

2.ベビーの生活を保育園仕様に慣らす

保育園で戸惑わないよう、前もって慣らしておきましょう。「離乳食でいろいろな食材を試して、アレルギーがないかを確認」(A・Oさん/会社員)「日中の授乳をやめ、コップ飲みも練習。親子ともに生活リズムを見直し早寝早起きを意識するように」(なみすけさん/保育士)

3.名前つけはグッズに頼っちゃおう

洋服、バッグ、コップ、おむつなど、あらゆるものに名前つけが発生! 「ポンポン押すだけのスタンプが便利。とくにおむつ用のスタンプは毎日使うのでかなりおすすめ!」(みのママ・事務職)「コップには、水に強いシールタイプが活躍」(A・Sさん/会社員)

【我が家はこうしました!】

・エプロン&おしぼりは同じ柄にして、自分のものとわかるようにしました。名前つけは楽天で購入したスタンプ「お名前BOX」が大活躍! (N・Nさん/研究職)

4.手作りアイテムの制作を忘れずに

保育園によって用意するものはまちまち。サイズの指定などもあるので、説明会を聞いてから取り掛かるのがベター。「食事用エプロンは多めに用意。通園用バッグは、パパが持っても気にならない柄を選びました」(A・Oさん/看護師)。手作り代行サービスも人気!

5.予防接種はできるだけ受ける

集団生活が始まると、病気にかかることも増えます。予防接種で防げるものは、タイミングが合えば入園前に接種しておきたいもの。「インフルエンザなど任意のものも含め、受けられるものはすべて接種!」(M・Iさん/会社員)

そのほか、発売中のベビモには仕事復帰までにしておくべき情報が満載!

Baby-mo2015-2016winter spring

アマゾンで買う

出典:2015-2016冬春 Baby-moより ※情報は掲載時のものになります。

あなたにおすすめ

注目コラム