離乳食のあと口まわりが赤くなってしまいます。どうケアするのがいい?(11カ月)

コラム
公開日:2015/02/05
離乳食のあと口まわりが赤くなってしまいます。どうケアするのがいい?(11カ月)

Q 食後にときどき口のまわりが赤くなります。対策はありますか?

A.1才すぎまでは、濡れタオルなどで清潔を心がけて

離乳食を食べる量も増えて、こぼしたり、自分の口のまわりやほっぺ、あごの下が赤くなることはよくあります。おむつかぶれのようなもので、よだれや食べ物が口のまわりにくっつく回数が多くなるとただれやすくなります。でも、1才を過ぎるころにはたいていよくなります。食後はお湯でしぼったタオルで口をふき、ワセリンなどを塗ってあげてください。

b20160111nagasawa02

Aちゃん(11カ月)
(身長69.6cm/体重8085g)

「11カ月になって、グンと成長した気がします。抱っこひもを見せると『お散歩に行くんだ』と思うようでニコニコ。ママの話すことがよくわかっているみたいで、『パチパチは?』と言うとすぐにやってくれます。『ママ』『パパ』の言葉も飛び出して、かわいくてしょうがないです」(ママ)

お答え/わたなべ医院副院長 渡辺とよこ先生 
札幌医科大学医学部卒業後、国立小児病院新生児科(NICU)や東京都立墨東病院周産期センター新生児科部長、同病院副院長をへて2014年より現職に。多くの乳幼児をみてきた渡辺先生ならではの、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。
出典:Baby-mo(ベビモ)2013~13冬春号「成長ダイアリー」
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム