離乳食をまるのみ。かたさの調節をするべき?(9カ月)

コラム
公開日:2014/05/14
離乳食をまるのみ。かたさの調節をするべき?(9カ月)

Q 離乳食を丸のみしていることが多いのですが、かたくてつぶせないのでしょうか?

A.やわらかくする必要はナシ。ママもモグモグして誘導を

歯ぐきでつぶせるかたさに調理をしても、食欲のある子はそのまままる飲みをしてしまうことはよくあります。わざわざ離乳食のかたさをやわらかい段階に戻す必要はなく、食べるときに「モグモグしようね」とママがいっしょにまねをして誘導するといいでしょう。
気をつけたいのは、勢いよく食べることで離乳食がのどにつまったりむせて吐いたりすること。食事のときは必ず近くで見守り、安全に飲み込むのを確認しましょう。

20160109nagasawa01

Tくん(9カ月)
(身長70.0cm/体重9000g)

「名前を呼ぶと反応したり、たまにバイバイのように手をふったり、考えていることや気持ちがわかりやすくなってきました。両手におもちゃを持つと打ちつけて遊んだり、持ち替えようとがんばったり、ひとりで熱中しています。手も器用になってきました」(ママ)

お答え/わたなべ医院副院長 渡辺とよこ先生 
札幌医科大学医学部卒業後、国立小児病院新生児科(NICU)や東京都立墨東病院周産期センター新生児科部長、同病院副院長をへて2014年より現職に。多くの乳幼児をみてきた渡辺先生ならではの、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。
出典:Baby-mo(ベビモ)2013秋冬号「成長ダイアリー」
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム