かぜとインフルエンザ、かかってからなおるまで!

コラム
公開日:2016/01/28
更新日:2016/09/21
かぜとインフルエンザ、かかってからなおるまで!

予防もむなしくかぜやインフルエンザにかかったしまった…。赤ちゃんたちがどんな経過をたどって治ったのか、体験談をご紹介します。

かぜの症状は軽くてもせきや鼻水が長引くケースが

はじめてのかぜは「鼻水が出たけれど、3日で治った」「熱は1日で下がり、数日で元気に」などと軽くすんだ子もいれば、「1週間ぐらい熱が続いて脱水ぎみになり、点滴まで打った!」という重症派まで、さまざまです。多かったのは「症状としては軽かったけれど鼻水が長く続き、詰まった鼻水をとるのが大変だった」など、ホームケアに苦労したコメント。ティッシュを持って赤ちゃんを追いかけるのに疲れ果て、電動式の鼻水吸い器を購入した人もいました。また、インフルエンザ体験では、「いいタイミングでタミフルを飲んだので、一晩でスッキリ」「予防接種のおかげで、数日で元気になった」と、治療薬や予防接種の効果を実感するママの声が目立ちました。

ケース1:耳鼻科に通院して鼻水吸引。完治まで2週間

東京都Iさん・Aちゃん1才10カ月の場合

はじめてのかぜは1才4カ月のとき

■1日目 朝からくしゃみを何度か繰り返す。かぜかな?

■2日目 鼻水が出始めるが、機嫌はよく食欲もある。

午後:鼻水の量がかなりふえてきた。

夜:鼻がつまり、おっぱいがうまく飲めない

夜中:鼻づまりが苦しいようで、目を覚ます。熱はなし。縦抱きにすると鼻が通るのか、ようやくうとうと。

■3日目 午前:耳鼻科で鼻水を吸ってもらってから、小児科へ。かぜの診断。

■4日目~1週間 昼間はわりと元気だが夜は鼻づまりで苦しそう、という状態が続く。この間、何回か耳鼻科で鼻水を吸引してもらう。

■1週間~2週間 徐々に回復。パッと治る感じではなくて、毎日少しずつよくなってきた。

「赤ちゃんは鼻づまりから、耳の病気になる」と聞いたことがあったので、まずは耳鼻科に行きましたが、これが大正解! なかなか治らなかったけど、耳鼻科のケアがなかったら、もっと長引いていたと思います。

ケース2:電話相談をしてから夜間救急を受診

宮城県 Aさん・Hくん1才5カ月

はじめてのかぜは6カ月のとき

■1日目 16時 散歩から帰ると鼻水が出ていた

18時 母乳は飲むが、ぐずって、離乳食はいつもより食べない

20時 おふろを出たころから、たんがからんだようなせきが出始める。添い乳で寝かせようとしても、泣いてぐずる。

1時 グズグズと泣いて眠れない。熱も38度あるので、小児救急電話相談に電話。受診をすすめられたので、夜間の急患センターを受診する。鼻水とたんを吸引してもらう。熱は38度。

■2日目 かかりつけの小児科を受診。たんや鼻水を吸引してもらう。ラクになったようでグズリは減った。熱も下がった。

■3日目 せきも鼻水もなくなる。

鼻水を吸引→おっぱいが飲める→寝てくれる→体力回復して治る、という経過でした。夜になって具合が悪くなると、あせります。でも、電話相談のおかげで、夜間の高熱でもパニックにならず対処できたと思います。

そのほか、発売中のベビモには風邪&インフルエンザ対策の情報が満載!

Baby-mo2015-2016winter spring

buy-button-amazon

出典:2015-2016冬春 Baby-moより ※情報は掲載時のものになります。

あなたにおすすめ

注目コラム