妊娠したら産院選びってどうやって決める?

コラム
公開日:2016/01/01
妊娠したら産院選びってどうやって決める?

妊娠したかな?」と思ったら、まずは自分で妊娠検査薬を使いチェック、と同時に産院探しのスタートです。納得のいくお産をするには自分に合った産院選びがキモ。そのポイントをご紹介!

理想の出産をかなえられる産院を選びましょう!

産院とは、妊娠期間から産後にかけて、ずっと母子(もちろんパパも!)をサポートしてくれる場所。ただ、ひとことで産院といっても種類はさまざまで、それぞれに特色があります。一生に何度もない機会なのに、なんとなく産院を選んだために、不満や不安を抱えるのは避けたいものです。「妊娠したかな?」と思ったら、まずは正常な妊娠かどうかを確認し、なるべく早く産院を決めましょう。産院選びで大切なのは、「自分がどんなお産をしたいのか」を明確にすること。最近は分娩できる施設が減っていて、地域によっては選択肢が少なかったり、人気のある産院は分娩予約が取りづらかったりすることも。快適な妊娠生活&満足のいくお産をするために、自分に合う産院が見つけられたらいいですね。 [ページ区切り]

産院の種類と特徴とは…

大学病院・総合病院→診療科が多く緊急時にスピーディーに対応 心臓病や肝臓病、腎臓病など重い持病がある人や多胎などリスクが高い人に向きます。複数の診療科があり、高度な医療技術を持つため緊急時に即対応し、緊急手術も可能。新生児集中治療室(NICU)があるところも。 先輩ママボイス 🔴もともと糖尿病&子宮筋腫を持ったままの妊娠だったので、総合病院で出産。内科と産婦人科が連携してケアしてくれました。 🔴健診で前置胎盤が判明して緊急入院することになったけど、かかりつけの大学病院だから安心でした。 産婦人科個人病院・診療所・クリニック→特色のあるケアやサービスが魅力 産婦人科の専門で帝王切開に対応しているところも。多様な出産スタイルを選べたり、産後ケアや食事などのサービスに工夫をこらすなど特徴があります。母子ともに健康で出産リスクが低い人向き。 先輩ママボイス 🔴地域で有名な産院で待ち時間は長かったですが、医師や助産師さんたちとの距離が近く、何でも相談できて安心でした。 🔴里帰り先で無痛分娩できる個人病院は通える範囲では1カ所だけ。出産予定日がわかったその日に、予約しました。 助産院→落ち着いた環境で家族に見守られ自然な出産 助産院はアットホームな雰囲気。一軒家の場合が多く、静かに落ち着いた雰囲気の中で出産できます。夫や上の子など家族が立ち会えるのも魅力。緊急時には提携した総合病院へ搬送されます。健康でリスクがない人向き。 先輩ママボイス 🔴母子ともに経過順調だったので思いきって助産院での出産を決意。助産師さんに導かれ、落ち着く和室で無地男の子を産みました。 🔴尊敬する職場の先輩ママの強いすすめで助産院へ。日常生活のアドバイスも助かりました!

産院を選ぶPOINTリスト

【産院の場所】 □自宅からどれくらいかかりますか? 通いやすさや緊急時を考え、自宅や職場から産院までの距離は、近いほうが便利です。かかっても車で1時間以内が目安。 □里帰り出産をしますか? 里帰り出産を希望する場合は、健診で通う病院と同時に里帰り先の産院を決めましょう。できれば安定期に一度、受診を。 【出産スタイル】 □希望する出産スタイルを行っていますか? □夫の立ち会い出産(希望すれば)が可能ですか? 自分の希望する出産スタイルを決めたら、対応できる施設なのか、夫の立ち会い出産は可能なのかをリサーチして選びましょう。出産間近になってあわてないよう万全の準備を。 【通院~入院中のケア】 □妊娠中のいろいろな相談に乗ってもらえそうな雰囲気? 妊娠中の疑問や不安に寄り添って相談に乗ってくれるドクターや助産師さん、看護師さんは、なによりこころ強い味方です。 □両親学級や出産に向けた講習などのサービスはありますか? □産後のおっぱいマッサージ、母乳指導などの産後ケアは? 両親学級や栄養指導、体力づくりなど施設によってさまざまな講習が。産後入院中のおっぱいマッサージや母乳指導のあるところも。 □産後は母子同室? 母子別室? 出産直後から赤ちゃんと同室でお世話をする方針の施設もあれば、授乳時以外は別室で預かってくれるところも。 【もしものときに】 □妊娠中&出産時の緊急時、医療体制は? □あなたの体質や持病を理解、対応してもらえますか? 妊娠・出産は、いつ何が起こるかわかりません。いざというときに緊急手術など対応可能かは要確認です。持病がある人などは、既往症や体質を十分に理解してくれる施設を選びましょう。

お話/育良クリニック ママとしての第一歩は、妊婦健診から。安心の技術とあたたかいケアでサポートしてくれる人気クリニック。
出典:ファーストプレモ2015秋冬より ※情報は掲載時のものになります。

あなたにおすすめ

注目コラム