クリスマス準備で発見!「まつぼっくり」のひみつとは!?

コラム
公開日:2015/12/17
クリスマス準備で発見!「まつぼっくり」のひみつとは!?
  • もうすぐクリスマス!準備はいかがですか〜? ツリーやリースの飾り付けはバッチリですか?その飾りにもよく使われる「まつぼっくり」。よく見ると、おもしろいカタチをしています。そしてあの、「かさ」の中にはひみつが!ぜひ、お子さんと観察してみてください。

    松の木の上で開く「かさ」!?

    「まつぼっくり」は「まつかさ」ともいいます。最初はかたく閉じた実が、木の上でどんどん開いていき、よく見かけるような「まつぼっくり」の、あのカタチになるんだそうです!ホントに、「かさ」が開いていくみたいですね〜!matsubokkuri_2

    「かさ」の下のひみつ

    松の実が開くのには、わけがあります。それは「たね」を飛ばすため。1枚の「かさ」の下には、なんと!2枚の薄い「たね」がスタンバっていて、風に吹かれると、ピューッと遠くへ飛んでいきます。しかも!よ〜く見てみると、「たね」は飛びやすいように、トンボのはねのようなカタチをしているんです。こうして松は子孫を増やしていくんですね。すごい!自然のチカラ!matsubokkuri_3

    「まつぼっくり」を水につけると…!?

    かたそうな「まつぼっくり」ですが、水につけるとなんと!もとのカタチに閉じるんです。そして乾くとまた開き、いつもの「まつぼっくり」のカタチに戻ります。これは雨から「たね」を守るための、「まつぼっくり」の知恵。すごい!自然のチカラ!加工してあるものではできないことがありますので、ぜひ、お子さんとお散歩がてら、公園で拾ってきた「まつぼっくり」で実験してみてくださいね。matsubokkuri_1

    でんじろう先生推薦! “かがく図鑑絵本”をプレゼントに

    こんなふうに、少し視点をずらしてみると、身のまわりは自然科学の不思議でいっぱいです!お子さんと身近なところから、その時期ならでは発見を楽しんでみてくださいね。そんな「なぜ?」「どうして?」のコンテンツが366日分ぎっしり詰まった「かがく図鑑絵本」が大人気です!ぜひ、リビングに1冊。お子さんと毎日の発見を楽しんでください。クリスマスプレゼントにもぴったり!オススメです!
    book_set
    36万部を突破したベストセラーの読み聞かせ本『頭のいい子を 育てるおはなし366』に続く第2弾!『しぜんとかがくのはっけん!366』は、美しい写真や、わかりやすいイラスト満載で、眺めるだけでもたくさんの発見が!2歳前後の小さなお子さんから大人まで、家族みんなで楽しめると大好評です!くわしくはコチラ↓
  • shizen4
  • buy-button-amazon

あなたにおすすめ

注目コラム