赤ちゃんの肌を乾燥から守るには?

コラム
公開日:2015/12/13
赤ちゃんの肌を乾燥から守るには?

冬になると乾燥で肌がかゆくなりますよね。大人の肌でもかゆくなるんだから、赤ちゃんの繊細な肌はもっと乾燥に弱いのでは?と心配に思うママもいるかもしれません。赤ちゃんのスキンケアの基本は清潔&保湿が大事。画像付きで赤ちゃんのお肌を守る方法をご説明します。

おふろで肌を「清潔」にする

くびれやしわなど洗い残しの多い部位や、洗い方のコツなど、ベビーの体の洗い方をおさらい! これでベビーもさっぱり&ツルツルに。

■頭

20151210192418

皮脂量が多く汚れがちな頭。冬でも毎日洗い、汚れをすっきり落としましょう。つめは立てずに、やさしくささっと洗うのが基本。最後は石けん成分が残らないようにしっかり洗い流して。

■顔

20151210192531

石けんをよく泡立て、くるくると小さな円を描くように洗うのがポイント。すすぎはお湯をたっぷりふくませたガーゼ、またはシャワーか洗面器の湯でやさしく洗い流してあげましょう。

\ここも忘れずに!/

20151210192557

耳は汚れがたまりやすい部位。泡立てた石けんで洗うか、湯でしぼったタオルでふき洗いを。

■胸・おなか

20151210223055

ママの手のひら全体を使い、たっぷりの泡で大きく円を描くように洗いましょう。面積が広く、洗いやすい部分なので手早くすませるのがコツ。うっかり忘れてしまいがちなのが首元。泡が残らないようにすすぎにも注意して。

■わきの下・腕・手

20151210223146

汗腺が多く、汚れがたまりやすいわきの下、腕や手首のくびれなど、しわを伸ばしてすみずみまで洗って。腕をつかみ、くるくると回しながら洗うとスムーズ。

\ここも忘れずに!/

20151211212216汚れがたまりやすい手のひらはパーに開き、指の間や手のひら全体を丁寧に洗って。

■足

20151210223259

足のつけ根やひざの裏、足首など、ママの指をくびれに沿わせてしっかり洗いましょう。足裏や指の間にも汚れがたまりがちなので、ここも重点的に。

■首・背中

20151210223334

背中は胸・おなかと同様に、手のひら全体で大きく円を描くように洗いましょう。首はしわを伸ばしながら、指の腹を使ってていねいに洗って。

■おしり・性器

20151210223402

おしり全体は手のひらでやさしく、女の子のわれ目や水は指を使ってていねいに洗って。デリケートな性器は力を入れずにやさしく洗浄を。

おふろ上がりはすぐ「保湿」

おふろで肌を清潔にしたら、5分以内を目安に保湿剤を塗って肌を保護してあげましょう。部位別に塗り方を紹介します。

保湿剤を塗る目安は、ローションの場合、1円玉大で大人の手のひら2枚分の広さを塗ることができます。クリームの場合は、指先1関節分が目安。

■胸・おなか

20151210223818

胸からおなかにかけて、保湿剤を左右対称に6~8カ所おき、手のひらや指の腹で円を描くようにのばしていきましょう。流れやすいローションタイプは、ママの手のひらで伸ばしてから塗っても。

■背中

20151210223907

おなかと同様に保湿剤を左右対称に6~8カ所おき、ママの手のひらや指の腹で円を描くようにのばします。ねんねベビーは腹ばいの状態で、おすわりベビーはおすわりした状態ですばやく塗って。

■腕・手

20151210224218

保湿剤を4~6カ所、等間隔におきます。やさしく腕を握って、くるくると回すようにしながら腕全体に塗るようにしましょう。わきの下はしわを伸ばし、塗り残しがないように。

\ここも忘れずに!/20151210224410

乾燥しやすい手もお忘れなく。指だけでなく、手の甲や手のひらにも塗ってあげましょう。

■足

20151210224441

太ももからひざ、ひざからくるぶしまで保湿剤を4~6カ所等間隔におきます。腕と同様にやさしく握り、回転させながら足全体に塗りましょう。ひざの裏や足首もくびれを伸ばし、ムラなく保湿を。

\ここも忘れずに!/

20151210224518

太ももの付け根やくびれ部分は指先を使って保湿剤を塗りましょう。

■顔

20151210224654おでこ、鼻の頭、左右のほお、あごの5カ所に保湿剤をちょんちょんとおき、指の腹でくるくると小さく円を描きながらのばします。皮膚が薄い目のまわり、唇にもしっかり塗ってあげて。

\ここも忘れずに!/

20151210224714

乾燥しやすい耳の裏。ママの指で耳を押さえて、耳を押さえて、軽くこするように塗ります。

■頭

20151211215606

頭は水分の多いローションタイプが使いやすくおすすめです。髪の毛をかき分けながら、頭皮になじませるように塗りましょう。

\12月15日発売のベビモには、子育て中の気になることが他にもたくさん!/Baby-mo2015-2016winter spring

buy-button-amazon

監修/あおぞら皮膚科 院長幸田公人先生
東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。同大学付属皮膚科診療医長などを経て2012年にあおぞら皮膚科を開院。専門は一般皮膚科、小児皮膚科。奥様の幸田紀子先生も皮膚科医。4人のお子さんのパパ&ママ。
出典:2015冬春Baby-moより ※情報は掲載時のものになります

あなたにおすすめ

注目コラム