助産師さんがお答え! 会陰ケア&会陰切開の素朴なQ&A

コラム
公開日:2015/11/21
更新日:2016/08/23
助産師さんがお答え! 会陰ケア&会陰切開の素朴なQ&A

出産の際に特に気になるのが会陰切開のこと。切らないでいるためにかかせないケアのこと、会陰切開のウワサなどを先生に直撃してみました。まずは会陰ケアの方法から質問!

Q.おなかが大きくて手が届きません…

A.

臨月になるとおなかの下のほうに手を届かせること自体が大変に。片足をイスなどにのせて、体を少しひねる感じで丸いおなかの側面から手を入れるようにしてみましょう。寝た姿勢でもOKです。

Q.お風呂でマッサージする場合、オイルはどうしたら?

A

入浴して決行がよくなった状態でマッサージをするのは、会陰をほぐすのにはいい方法。入浴する少し前に、オイルを会陰に塗って浸透させておきましょう。湯船に入ったらやさしくマッサージしましょう。

Q.マッサージしてはいけないのはどんなとき?

A

帝王切開の可能性があり、陣痛がきては困る人はマッサージはしないでください。それ以外の人は37週以降の正期産の時期になればマッサージはしてOK。マッサージが原因で破水はしませんが、破水と思われるような水が出ているときは、すぐにやめて産院に連絡してください。

Q.欧米では夫にマッサージしてもらうと聞きました、ほんと?

A

自分では手が届きにくい場合、夫にマッサージしてもらうといいでしょう。さわるうちにだんだん、どこがこっているのか妻の体がよくわかるようになるものです。夫婦で仲良くすることは、お産のときも産後も、とても大切なことですよ。

Q.会陰切開の縫合、縫い方によって、産後の膣のしまりがよくなる?

A

あくまで表面の傷の縫合で、奥の組織が断裂している部分は、修復するまでに時間がかかるものです。縫い方でかわるかどうか、医学的にはよくわかりません。

Q.もともと肌がやわらかい人は、会陰も伸びやすい?

A

たしかに、乾燥肌の表皮は伸びにくかったり、切れやすかったりはします。でも、お産では皮膚だけではなく、中の筋肉も強く引き伸ばされます。肌を保湿するのはいいことですが、皮膚だけをケアしたからといって、会陰がよく伸びるようになるとは限りません。

Q.傷跡はどのくらい残るもの? さわったり、見たらわかるもの?

A

切開した部分は徐々にわからなくなっていきます。縫合した糸のあとなどが、よく見ればわかるということはあるでしょう。大きく切った場合、産後しばらくはあれることもありますが、でこぼこした感じはやがておさまります。

このほか、会陰切開に関する詳しい情報は発売中のPre-moをチェック!

ms20151010ks04

アマゾンで買う

お話:お産の家 Be born院長 たつのゆりこ先生 助産師、鍼灸師。大学病院の産科・新生児科勤務から自宅出産介助まで幅広い経験を持ち、イギリスでアクティブバースについても勉強。インドのアーユルヴェーダなども融合した自然なケアを行う治療室「Be born」を開設。明るくやさしい笑顔で産前・産後の女性を応援してくれる先生。
出典:Pre-mo2015-2016冬より ※情報は掲載時のものになります。

あなたにおすすめ

注目コラム