離乳食を始めたことと、うんちの回数が減ったのは関係がある?(6カ月)

コラム
公開日:2014/05/11
更新日:2016/09/15
離乳食を始めたことと、うんちの回数が減ったのは関係がある?(6カ月)

Q 5カ月半から1日1回の離乳食をスタート。そのとたん、うんちの回数が減った気がします。

A.口に入れるものが変わると、排便に変化が起きることも

赤ちゃんが新しいものを口にしたときに、排便のリズムやうんちの形状が変わることはよくあります。なかには、粉ミルクのメーカーを替えただけでうんちに変化が出る子も。キゲンがよくて、2~3日様子を見てやわらかいうんちをするようであれば気にしなくてもいいですよ。
みかんやオレンジの果汁には整腸作用があるので、柑橘系の果汁をあげて様子を見てください。

b20151106nagasawa03

Kくん(6カ月)
身長65.0cm/体重6600g

「人見知りはなく誰にでもニコニコ。寝入りも寝起きも、とてもよくて手がかかりません。寝返りもできないのに、先におすわりができてしまったのが気がかりですが、それ以外はすこぶる順調。ママを見ると喜んだり甘えて泣いたり。いないいないばぁをすると大はしゃぎです」(ママ)

お答え/わたなべ医院副院長 渡辺とよこ先生 
札幌医科大学医学部卒業後、国立小児病院新生児科(NICU)や東京都立墨東病院周産期センター新生児科部長、同病院副院長をへて2014年より現職に。多くの乳幼児をみてきた渡辺先生ならではの、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。
出典:Baby-mo(ベビモ)2014春夏号「成長ダイアリー」
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム