ファーストシューズの正しい選び方!靴は抱っこが増えたら〇〇?【ママ記者が行く! Vol.37】

コラム
公開日:2015/10/31
更新日:2018/12/19
ファーストシューズの正しい選び方!靴は抱っこが増えたら〇〇?【ママ記者が行く! Vol.37】

見ているだけで癒される小さなベビーシューズ。「歩き始めたらこんな靴をはかせたい」「次はこの靴を買ってみよう♪」とママの夢もふくらみます。でも一番大切なのは、ベビーの足に合った靴を選ぶこと。なんとなくサイズを予測してはかせているママはもちろん、これからファーストシューズを購入予定のママも必見の、正しい靴の選びかたをご紹介!

レポーターは私です♪

b20151031nagasawa02

めぐみママ&みのりちゃん(1才1カ月)
歩き始めの1歩が出て靴選びをスタート。ファーストシューズは白がいいなと思って、先日アシックスの「SUKU²FIRST」の靴を購入したばかりです。でもサイズがやや大きめな気が……。今日は、ベビーに合った靴の選びかたをしっかりリサーチしてきます!

おじゃましたのはベビーシューズの王道メーカー

b20151031nagasawa03

b20151031nagasawa04

東京・渋谷にあるアシックスのオフィスへやってきました。ベビー~キッズまで、たくさんの靴があってワクワク。オレンジ色の大きな台は足の計測器。ふだんはなかなかお目にかかれないもので、もともとはアスリートの足を計測するために開発されたそうです。これで今日はサイズを測ってくれるみたいで楽しみ!

まずはベビー靴のイロハを教えてもらいます

b20151031nagasawa05

計測の前にベビーの靴についてお勉強。レクチャーしてくれたのは、マーケティング統括部の江島さん。「SUKU²」のブランド立ち上げから携わり、たくさんのベビーの足を見てきたスペシャリストです。江島さんいわく「正しい靴選びは、赤ちゃんの足を知ってもらうことから」。

ヨチヨチ」と「トコトコ」では靴底に違いが

b20151031nagasawa06

右がいわゆる「ファーストシューズ」で歩き始めのベビー用。左があんよに慣れてきたベビー用の「ベビーシューズ」です。サイズだけが違うのかと思ったら、よく見ると靴底の形状が違います! ファーストシューズにくらべ、ベビーシューズは靴底が厚め。あんよが上手になると足(ひざ)をあげて歩くようになり、着地時の衝撃が大きくなるため、クッション性を重視した作りになっているのだそうです。

b20151031nagasawa07

いっぽう、ファーストシューズは安定性を重視。歩き始めのうちは、着地も不安定。どこから足をついてもいいように、靴底全体のエッジが丸くなっているのが特長です。いずれにしても、かかと部分がしっかりしていて、歩行をサポートしてくれるものがベストだそうです。

これすごく大事! しなやかな屈曲性

b20151031nagasawa08

もうひとつ大事なのは、靴底が足なりに曲がること。ちゃんと指を踏ん張って歩くことが、足のアーチを形成するには不可欠。骨の形成が発達途中のベビーは、こんなふうに屈曲性のある靴をはくことが大事なのです。靴を選ぶときは、足が曲がる部分の屈曲性をチェックです!

あんよの上達に合わせて靴選びも変化

b20151031nagasawa09

段階ごとにはく順番を並べるとこんな感じ。奥が初めにはくファーストシューズで、手前2足がベビーシューズ。真ん中の赤いベビーシューズは足首をサポートしてくれるミドルカットタイプで、トコトコ歩きにオススメです。一番手前のローカットタイプは足首が動きやすくなるぶん、小走りを始めたらセレクトするといいそうですよ!

いよいよ足のサイズを測ってみよう~!

b20151031nagasawa10

b20151031nagasawa11

計測器に乗るのが怖く初めはグズグズだった娘ですが、何回かチャレンジするとあっさり。ガラス部分に足裏をピタっとくっつけると、コピー機のように足をスキャン。私も測ってほしくなるくらい本格的です!

b20151031nagasawa12

次は足囲を測ります。

b20151031nagasawa13

スキャンしたデータと、足囲の数値を入力すると……。

b20151031nagasawa14

測定結果が出てきました! 足幅やかかと幅など、細かく記載されています。娘のかかと~つま先までの足長は117.8mm(11.78cm・右足)。これは裸足での計測で、靴下をはかせると靴のサイズはもう少し大きめに。今は12.5cmの靴をはかせているので、ジャストサイズだそうです! ちなみに、土ふまずができるのは3~6才くらい。たくさん歩いて足の裏を鍛えることで、だんだんできてくるみたいです。

百貨店などではこの測定器で確認を

b20151031nagasawa15

b20151031nagasawa16

百貨店ではシューズフィッターさんがいるところも。足のサイズをちゃんと調べたいときには利用するのもいいですね。

正しいサイズを見極めるコツ1:中敷きで確認

b20151031nagasawa17

計測以外で正しいサイズを調べる方法を教えてもらいました! いちばんわかりやすいのは中敷き。中敷きが取れるタイプの靴は中敷きの上に足を乗せてみると、サイズ感が一目瞭然です。このときつま先の空間が2~3mmしかないようならサイズアップを。新しい靴を購入するときは、この空間が5mm~1cm程度あいているものがベターです。

正しいサイズを見極めるコツ2:かかとをあわせてはく&歩く

b20151031nagasawa18

はかせるときは、足のかかとと靴のかかとを必ずあわせるようにするのがコツ。靴の中で足が動いてしまわないよう、ワンタッチテープでしっかりとめます。

b20151031nagasawa19

指を踏ん張って歩けるよう、靴の中で指が自由に動くかが大きなポイント。抱っこした状態ではなく、足を地面につけ、体重がかかった状態で確認するのが大切です。

江島さんに質問! サイズアップのタイミングは?

b20151031nagasawa20

「1才前後では3カ月で約5mm足が大きくなります」と江島さん。購入時に5mm大きい靴を選んだとすると、3カ月後にはややきつめに。中敷きについた5本指の跡がお団子のようにくっついているのもきつくなった証拠で、3カ月がサイズアップの目安だそうです。また、靴が合っていないと抱っこをせがむことが増えるとも。「靴が赤ちゃんの歩きたい気持ちを阻害している」という江島さんの言葉に、靴選びの大切さを実感!

やっぱりカワイイ靴が欲しい♡イチオシを教えて!

b20151031nagasawa21

広報のかたに、今イチオシのベビーシューズを聞いてみました♪ 紹介してくれたのは、スワロフスキー®クリスタルを配した「JEWELFIRST(ジュエルファースト)」。ベルト部分に施されたスワロフスキー®クリスタルと光沢感のある素材で、かわいくて上品。洗練された雰囲気で、記念の1足にするのにもピッタリですね。

■まとめ■
ファーストシューズの次にどんな靴を選ぶべきか、サイズの見方など新しい発見がいっぱい! 少し大きめかな? と思ってはかせていた今の靴も、ジャストサイズだと知ることができて安心しました。3カ月で5mm大きくなるというのは具体的でわかりやすいですね。今後も、娘の成長にあったタイプの靴を選んでいきたいと思います!

Vol.38「運動能力を伸ばす秘訣は靴選びにアリ! アシックスが伝授するベビーシューズの選び方のコツ」へ続きます

b20151031nagasawa22

今回ご紹介した「ファーストシューズの選び方」を動画でもチェックできます! 近日公開予定なのでお楽しみに♪

先ほどのオススメシューズはコチラ♪
SUKU²FIRST ジュエルファースト

JEWELFIRST

(左)シェルピンク(右)シャンパンゴールド 5,400円(税抜き)

b20151031nagasawa24高級感のあるスワロフスキー®クリスタルがポイント。専用のシューズボックスがついているので、出産祝いや1才のお誕生日プレゼントにも。4,500足の限定発売です(メッセージカードつき)。
■アシックスhttp://www.asics.com/jp/ja-jp/

■コチラもオススメ
運動能力を伸ばす秘訣は靴選びにアリ! アシックスが伝授するベビーシューズ選びのコツ【ママ記者が行く! Vol.37】

 

あなたにおすすめ

注目コラム