いつからスタートしていつ完了した? となりのトイレトレーニングをのぞき見!

コラム
公開日:2015/10/25
更新日:2016/08/23
いつからスタートしていつ完了した? となりのトイレトレーニングをのぞき見!

トイレトレーニングにはさまざまなドラマがあります。思いのほかすんなりというケースがあれば、悪戦苦としてヘトヘト、というケースも。何人かのママたちの奮闘記を通して、我が子にも応用できそうな方法をぜひ見つけてみてください。

【2才6ヶ月スタート→2才8ヶ月完了】大人からはいっさい声をかけない。子どもにまかせて2ヶ月で終了

わが家は大人の側からは働きかけない、という方針でした。育児書に「トイレでのおしっこは子どもの体が成長すれば自然とできる」と書いてあったのを読み、ならば子どもにまかせてみよう!と考えたんです。うまくいかなかったら、そのときにあらためて”トレーニング”しようと思いました。そういうわけで2才半ごろから私のトイレについてきて覗き込むようになったので「あなたもここでおしっこしていいんだよ」と声だけかけました。それからは子どもの気分次第でトイレでしたり、おむつでしたり。そのうちにだんだんトイレでする回数が増えてきたので、2ヶ月ほどたったころ普通のパンツに替えてみたら、すんなり完了。結局私からは一度も「トイレ行く?」と誘いませんでした。早いうちからあせらなくても、子どもにまかせれば自然とうまくいくケースって、意外と多いんじゃないでしょうか?

【3才スタート→3才1ヶ月完了】言葉をしっかり話せるようになった3才過ぎのスタートであっさり完了

無理なトレーニングがいやだったので、3才になるまで待ってスタートしました。こどもはそろそろおむつを嫌がるようになっていたし、言葉もわかるようになっていたのでやりやすかったです。それまでに私やパパのトイレについてきてやり方は見ていたので、ズボンの上げ下げから補助便座へすわる、おしっこをする、終わったらトイレットペーパーでふく、流すまで、最初から全部ひとりでできました。失敗も何回かありましたが、スタートして一ヶ月足らずで完了してしまいました。やはり、言葉がわかるようになってからだと親も子もラクだなあというのが実感です。お兄ちゃんぶりたい年ごろでもありますし、幼稚園の入園が近いこともわかっていて、子どもの中に「おむつで幼稚園は恥ずかしい」という気持ちもあったようです。「始めるのが遅い」と義母などからも言われましたが、3才まで待って正解でした。

【2才2ヶ月スタート→2才6ヶ月完了】トイレは楽しくて気持ちがいいところ! 環境に心をくだきました

トイレトレーニングを始める前にいちばん気を使ったのが、どうやったらトイレを好きになってもらえるか、でした。というのも私は子どものころ、薄暗いトイレがこわくて、小学校低学年までひとりでトイレに行けなかったからです。トイレを好きにならなければトイレトレーニングはうまくいかない、と思っていました。まず、カバーやタオルをすべて子どもの好きなキャラクターもののピンクに替え、壁にはキャラクターの切り抜きを貼り、ピンクの造花で飾り付けをしました。それから「ママとパパがいつも応援しているよ!」の思いを込めて、家族で遊園地へ行った時の写真も飾りました。あまりの変貌ぶりにパパは驚いていましたが、子どもは大喜び。自分の部屋ができたと思ったみたい。おかげで、トイレにいくことをいやがらず、4ヶ月で完了しました。

トイトレ100

アマゾンで買う

出典:トイレトレーニング大成功100のコツ ※情報は掲載時のものになります。

あなたにおすすめ

注目コラム