赤ちゃんの昼寝時間にママがやっていることベスト3

コラム
公開日:2014/03/16
更新日:2016/08/26
赤ちゃんの昼寝時間にママがやっていることベスト3

赤ちゃんがいるとなかなかはかどらない家事。先輩ママたちはわずかなお昼寝の時間を活用して、サクサク家事をこなしていました! みんながやっていること、ベスト3をご紹介します。

やってること1位 忘れていたところの掃除

B2013w-s_022

赤ちゃんが寝ている間に、気になる場所を掃除するママが多数。休日、パパにやってもらうか、パパに赤ちゃんを頼んでママがするという家庭も。

掃除機は毎日かけるのですが、私はベビーがいる場所だけササッと。ソファの下やトイレなど、ベビーがいるとできない場所は、週末にパパにキッチリ掃除機をかけてもらっています。(7カ月・Mちゃんのママ)

やってること2位 夕食の準備

B2013w-s_023

お昼寝中の調理は、赤ちゃんがいつ起きてしまうかわからないので、手早さが大切。そこで愛用しているママが多いのが、圧力鍋。短時間で調理でき、大人用も離乳食も作れます。

娘が夕方ねんねするので、その間に夕食の支度をします。いつ起きてもいいように、圧力鍋を活用。煮物でもスープ類でも短時間でできるので、助かります。(11カ月・Nちゃんのママ)

やってること3位 離乳食のストック作り

B2013w-s_024

1位  野菜をゆでて刻んだ(つぶした)もの
2位  野菜スープ
3位  おかゆ

上の子もいていつもバタバタなので、離乳食は子どもたちが寝たあと夜に作りおき。自由時間はなくなりますが、時間があるときに作っておくと、気持ちに余裕が。多くのママが、離乳食をまとめて作り冷凍。人気のおかゆやスープのほか、魚や肉なども調理し、製氷皿や容器を利用して1食分ずつ小分け。離乳食前に、素材を組み合わせて仕上げています。(9カ月・Yちゃんのママ)

主食のおかゆと、おかず用の野菜や肉・魚類を何品か調理して冷凍しています。作るのは、パパの休日に娘を見ていてもらって。おかゆは作るのに時間がかかるので、とくに多めに作りおきします。(1才・Rちゃんのママ)

魚や肉類、野菜はそれぞれ加熱して細かくして小分けし、スープやだしは製氷皿に入れ、それぞれ冷凍。調理のときに味の相性がよさそうなものを組み合わせて、何品か作ります。(9カ月・Kくんのママ)

みんなの離乳食ストックみ〜せて

B2013w-s_025

Nママは、短時間で食材がやわらかく調理できる圧力鍋をフル活用。離乳食用におかゆを炊いたり、家族の食事の下ごしらえから野菜を取り分けたり。それぞれ1回分ずつ小分けして、冷凍しています。

B2013w-s_026

Sママの離乳食ストック。赤ちゃんが寝ている間や、パパがいるときに見ていてもらって作りおき。おかゆ、スープ、野菜は調理し、魚、肉などのタンパク質食品は、生のまま1回分の量に分けてストック袋に。

出典:Baby-mo ※情報は掲載時のものです。

あなたにおすすめ

注目コラム