家族が喜ぶ本格レシピ。育児中は手間ナシ保温調理テクで乗り切る!【ママ記者が行く! Vol.36】

コラム
公開日:2015/10/30
家族が喜ぶ本格レシピ。育児中は手間ナシ保温調理テクで乗り切る!【ママ記者が行く! Vol.36】

食材をやわらかく煮込んだり、じっくり味をしみこませる料理は、家族に作ってあげたいと思うものの、育児中のママにとっては結構大変だったり面倒だったり……。そこで活躍するのが「保温調理」。調理時間は短め、あとは置いておくだけでいいので、忙しいママにはもってこい。前回に続き、サーモスのシャトルシェフを使ったレシピを紹介します。(Vol.35「離乳食や毎日のごはんの準備がラクになる! ママ必見の『サーモス』保温調理レシピ」の記事はコチラ)

使うのはロングセラー商品「シャトルシェフ」

b20151000nagasawa05

b20151000nagasawa22

サーモスは水筒やマグカップだけじゃありません! シャトルシェフは発売以来、26年にわたり「時間とエネルギーを節約でき、料理が簡単にできる」と人気の商品。ステンレス製魔法びんと同じ真空断熱構造で、余熱でじっくり素材を煮込みます。

b20151000nagasawa23

前回登場した「キャベツと豚肉のミルフィーユ」「塩豚とじゃがいものスープ煮」に続き、次は「鯛飯」(4人分)。シャトルシェフでは炊飯もお手のもの。お米(2合)をといで水気をきったらシャトルシェフの調理鍋に入れ、水2カップと昆布(5cm)を加えて30分ほど浸水させます。

b20151000nagasawa24

お米に塩小さじ2/3を混ぜ、塩小さじ1弱をすりこんで焼いた鯛(大1切れ)を骨と身にわけてのせます。中火にかけて沸騰後は火を弱めて8分。蓋を少しずらして、吹きこぼれに注意を。旬の魚を入れてもいいですね。

ここからが本領発揮です!

b20151000nagasawa25

b20151000nagasawa26

保温器に入れて15分以上保温。炊き上がったら骨を取り出して身をほぐし、ごはんと混ぜ合わせます。その後再び蓋をして15分くらい蒸らします。こちらはポータブルタイプのシャトルシェフ。家の中はもちろんですが、キャンプやバーベキューなどアウトドアで使うのもカワイイ。

火を使い続けないからこげつきが気になりません

b20151000nagasawa27

刻んだ三つ葉を加えればできあがり! 火にかけている時間が少ないので、ごはんが焦げつく心配もナシ。鍋でごはんを炊くのに慣れていなくても大丈夫です。

あれよあれよという間にこんなにたくさん!

b20151000nagasawa28

(上から反時計回りに)キャベツと豚肉のミルフィーユ、塩豚の薄切り、鯛飯、じゃがいものスープ煮に加え、やわらかくなったじゃがいもを使ったポテトサラダやポテトグラタンまで! じゃがいもひとつで、いろいろ応用できるんですね。

ここでお待ちかねの試食タイム

b20151000nagasaw29

オシャレな曲げわっぱが配られ……

b20151000nagasawa21

先ほどの鯛飯と塩豚が♡ めちゃくちゃ贅沢なお弁当でございます。

b20151000nagasawa30

やまⒸもパチリ。塩豚は豚肉のうまみが引き出され、しっとりやわらか。ごはんの食感も香りもよく、食べ終わるころには心も満たされたのでした。

■まとめ■
便利な調理器具は数あれど、使い続けられないと意味がないですよね。シャトルシェフは日常使いができるうえ、「いろいろ試してみよう」と思わせるワクワク感があって、これまで料理は面倒、苦手と思っているママほどハマる可能性大です。「料理上手なママ」もそう遠くはないかも!

■サーモス「真空保温調理器 シャトルシェフ」

b20151000nagasawa31KBG-3000 (左)クリアステンレス(右)クリアブラウン 

b20151000nagasawa32

RPE-3000 (左)オリーブ(右)キャロット
各20,000円(税抜き)
問い合わせ:サーモスお客様相談室 0570-066966  http://www.thermos.jp/

コチラもオススメ
離乳食や毎日のごはんの準備がラクになる! ママ必見の『サーモス』保温調理レシピ【ママ記者が行く! Vol.35】

あなたにおすすめ

注目コラム