どうしてなる?いつまで?つわりにまつわるQ&A

コラム
公開日:2015/09/19
更新日:2016/08/24
どうしてなる?いつまで?つわりにまつわるQ&A

「つわりは赤ちゃんが元気な証拠」と言われますが、何ヶ月も毎日つらいのは本当に大変! 少しでもラクに元気にすごせるようにするにはどうしたらいい? 先輩ママとつわり経験者のママドクターが答えます!

Q.そもそもどうしてつわりになるの?

A.ホルモンバランスの急変が関係するという説が有力

つわりの原因は明確にわかっていませんが、一般的にはホルモン変化の影響といわれています。妊娠するとhCGなどの妊娠を維持するためにホルモンが急激に増え、妊娠後の分泌量のピークとつわり症状のピークが重なりやすいからです。またhCGはつわりの主な症状・吐きけを引きおこすと言われています。ほかにも、自律神経系統に影響することが多く、眠気やめまいといった症状があらわれると考えられるようです。

Q.症状や程度に個人差があるのはなぜ?

A.おなかの赤ちゃんの個性が一人一人違うからかも

水も飲めないほどの重いつわりの人もいれば、体調変化をほとんど感じない人もいて、千差万別。同じパパとママの組み合わせのきょうだいでも症状は違います。なぜなのか、医学的には解明されていません。おなかの赤ちゃんが一人一人個性が違うように、ママの体の変化や症状のあらわれ方にも個性があるのでは。

Q.いつからいつまで続くもの?

A.ほとんどは妊娠2~5ヶ月の間で、3ヶ月がつらさのピーク

つわりのあったほとんどの人が妊娠3ヶ月~4ヶ月の間がつらのピークと証言。「産むまでずっと気持ちが悪かった」という人もまれにいますが、胎盤ができあがる5ヶ月ごろにはたいてい落ち着きます。

Q.病院を受診するのはどんな場合?

A.水も飲めずに体重が減るようなときは受診を!

水も吐いてしまう場合、体重が減り続ける場合は、脱水症や栄養失調が心配。健診以外でも受診を。病院では電解質、糖質、ビタミンB郡などの点滴をします。吐き気止めの薬を入れることも。

こんなときは受診!

□水分がとれない

□体重が10%以上減った

□トイレに行く回数が極端に減った

さらに食べられないときのレスキューアイテムやつわりがラクになる食べ方&乗り切りアイデアは、発売中のFirst Pre-mo2015秋冬号で紹介しています!

psi2016090301アマゾンで買う

お話/成城木下病院 産婦人科医 木下智恵先生 横浜市立大学医学部卒業。順天堂大学医学部産婦人科勤務を経て現職。3人のお子さんのママであり、3回ともつらいつわりを経験。妊娠・出産の豊富な知識と経験をもとに、心強いアドバイスをしてくれると評判です。
 出典:First Pre-mo(ファーストプレモ)2015秋冬号 
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム