おなかの中の“胎内記憶“。上手に聞きだすのにはコツがある!

コラム
公開日:2015/06/30
おなかの中の“胎内記憶“。上手に聞きだすのにはコツがある!

おなかの中にいるときの記憶。タイミングよく聞き出せば、かなりの確率で「覚えている」子がいるそうです。胎児の耳が聞こえ始めるのは妊娠5 〜6ケ月のころと言われているので、そのころから赤ちゃんは、ママのやパパの声を聞いているのです。

3才ぐらいまでがベストタイミング!

胎内記憶は、成長とともに忘れ去られてしまいます。そして、早すぎてもまだ言葉でじゅうぶんに伝えることができないため、タイミングが大事だそう。平均して3才ぐらいが、聞き出すためのベストタイミングと言われています。

 人気ママブロガー“ママちゃん”も胎内記憶の聞き出しに大成功

「ちかみち」

ゆうちゃん2歳10か月

季節は夏のはじめ

自転車の前カゴ(子ども椅子)にゆうちゃんを乗せて
私は自転車をこいでた。

「ママ、せみさんないてるね!」
と前を見ながら言うゆうちゃんの言葉に
うん  本当だね。  ないてるね。  
と返事をして
自転車をこぐたびに
風になびくゆうちゃんの柔らかい髪の毛を見ながら
私はふと  こんなことを聞いてみた。
ねぇ  ゆうちゃん
ゆうちゃん  ママのお腹の中にいたこと覚えてる?
「うん  おぼえてるよ。」
え?本当?
覚えてるの?
 
「うん、おぼえてるよー。」
へー
ママのお腹の中って  どんなところだった?
「ゆうちゃんがね
もっとちっちゃい  赤ちゃんのときにいたの。」
お腹の中  何色だった?
「きいろー。」
 
ママ  何か言ってた?
「大丈夫だよー  って言ってた。
いいよー。大丈夫だよー。
って言ってた。
そしたらパパがどうしたの?ってきいて
ママが
「かわいいゆうちゃんの赤ちゃんよーって言ってた。」
そっかぁ。。。
それでなんでお腹から出てきたの?
「せまくて  せまかったの。」
そっか(笑)
ねぇゆうちゃん
ゆうちゃんはなんでママとパパのところにきたの?
「ちかみちだったから。」
え?
何のちかみち?
(続きはブログ「こどもの心が穏やかに育つ魔法の育児法」でどうぞ→こちら

本の中にも全文収録しています

この「ちかみち」ほか、子どもとの日々がいとおしく、大切になるきっかけをつくってくれる話題がいっぱい。書籍『おだやかママの幸せ子育て法』全国の書店で発売中です。

51qqIx65pIL

Amazon_100

『おだやかママの幸せ子育て法』公式Facebook
https://www.facebook.com/odayakamama
 本に関する最新情報、著者情報など、アップしていきますのでぜひ「いいね!」してください。
詳細・ご購入はこちら
著者:LICO
発売日:2015/06/24
ISBN:9784074130733
判型・ページ数:四六版・192ページ
定価:本体1,200円+税
●著者への取材お申込み先
 ㈱主婦の友社 広報・宣伝課 ☎03-5280-7577 pr@shufutomo.com

あなたにおすすめ

注目コラム