つわりは「赤ちゃんが成長している」いいサイン~鮫島浩二先生アドバイス【妊娠8週】 

コラム
公開日:2015/05/09
つわりは「赤ちゃんが成長している」いいサイン~鮫島浩二先生アドバイス【妊娠8週】 

妊娠初期の症状はさまざま。つわりだって「いいサイン」です

妊娠初期の症状といってすぐ思い浮かぶのは「つわり」です。ドラマなどでは突然「うっ」とトイレにかけこみ「もしかして妊娠?」と気づいたりしますが、現実には「月経の遅れ」が一番気づきやすいサインでしょう。

月経の遅れとほぼ同時に、さまざまな変化が体に表れてきます。大きくなった子宮が膀胱を刺激して、おしっこが近くなる人は多いですね。子宮が重くなるので、脇腹がひっぱられる感じを味わうかもしれません。

おっぱいがはったり、胃がムカムカしたり、唾液が増えたり、立ちくらみがしたり、眠くて仕方がないという人もいますね。

 出血だけには要注意

妊娠初期のこのような体調の変化は、おなかの中に赤ちゃんがちゃんといて、成長しているという証拠です。不快な症状に悩まされ、いままでと同じように活動したり、仕事したり、家事をしたりが難しくなるかもしれません。

けれど、どれも赤ちゃんがちゃんと成長しているからこそ表れる症状です。「いいサインなんだ」と受け止めてみてはいかがでしょう。

ただし、出血だけは「よくないサイン」です。妊娠中の出血は、どんなに少量でも「よくないサイン」と認識して、できるだけ早く産婦人科で診てもらってください。

『あんしんマタニティ280DAYS』より

20150408anshinmaternitycover

Amazon_100

●鮫島浩二(さめじまこうじ)産婦人科医。東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。

あなたにおすすめ

注目コラム