その道のプロが教える!ベビーのためにやっておくといいこと

コラム
公開日:2015/02/13
更新日:2016/08/25
その道のプロが教える!ベビーのためにやっておくといいこと

読者ママたちが行っているベビーのためにやっておいてよかったことアレコレ。0~3才時代はあっという間だから、どんなことをしていいか迷ってしまうというあなたは、「その道のプロ」が実践しているあんなこと、こんなことをまずは取り入れてみる……というのはいかが?

マネーのプロが実践! 子ども名義の口座に教育費を貯める!

ファイナンシャルプランナー 花輪陽子先生は2014年に第一子を出産。働くママとして雑誌などのマネーコラムの執筆や監修多数。そんな花輪先生は「子ども名義の口座を作ると罪悪感から引き出しにくく、キャッシュカードを作らなければさらに引き出しにくいので、貯金が貯まりやすいです。出産祝い、児童手当などは子ども口座に入金して手を出さず、別途、月1万円程度の貯金もしくは同程度の学資保険で貯めると◎です」と子ども名義貯金を実践中。

yh2.JPG.r72

親子おそろいはママになった特権コーデ♪

読者ママの13位にはおそろいファッションがランクイン。親子でもきょうだいでも、仲良しファションにきゅん♪してしまうママが多いみたい。かわいさもお目立ち度も抜群のおそろコーデは、もはやベビーファッションの定番! 色をそろえたり、柄をリンクさせたり、さりげないおそろいもおしゃれです。

ファッションのプロが実践! 親子おそろコーデを楽しんでおいて!

『ベビモ』などで活躍中の3才女の子のママスタイリスト 大日方理子さんは「0~2才はママの好みでベビーの洋服が買えるから、親子でリンクコーデをするチャンス! まったくのおそろいじゃなくても、似ている服を組み合わせればOK♪ チェック、シャツ、ボーダーなどの定番アイテムなら、パパと娘、ママと息子などでも楽しめます」とご自身もおそろいコーデを満喫!

_ND80064.jpg.r72

保育のプロが実践! 自分で使ったものは自分で片付ける

茶々保育園グループの保育士・尾又あゆみさんは3才男の子、1才女の子のママでもあります。そんな尾又さんが自宅での育児で実践していることの1つはベビー自身が片付けをする…ということ。「おもちゃや洋服など、自分のものは自分で片づける習慣をつけるといいと思います。我が家でも、0才のころから必ず子どもたちと一緒にやっています。自分のことは自分でやる習慣がつくので、1才の長女も今では自分の洗濯物の片づけなどを兄の見よう見まねでやっていますよ」。テレビとの付き合い同様、ルールが習慣づくような働きかけがママがしてあげられるといいですね。

IMG_2535.JPG.r72

カメラのプロが実践! 同じシチュエーションでの写真撮影

主婦の友社カメラマン 松木潤さん。赤ちゃんのかわいい表情を切り取るのが得意な3才男の子と1才2カ月女の子のパパでもあります。そんな松木さんが我が子のためにしているのが、同じ場所やシチュエーションで写真を撮り続けること。“定点”となる設定を決めて、毎年同じ場所で写真を撮ると、あとから見たときに子どもの成長がよくわかります。「我が家の場合は毎年行われるお祭りの神輿の前で、というのが定番です。近所の不二家のペコちゃん人形の横に並んで、とかもおもしろいと思いますよ」。

07.JPG.r72

【番外編】

ダラダラ見せはNG! テレビのルールを決める

21位にランクインしたのがメディアとのつきあいかたのルールづくり。テレビにタブレット、スマホ……、ベビーの周りには魅力的な機器がいっぱい。でもダラダラ見せていると、テレビに頼りっきりの育児になってしまう心配も。テレビのルールづくりは、大切なしつけの1つです。“最初”がだいじな習慣づけですが、ベビー時代な今ならまだ間に合います!

いかがでしたか? その道のプロたちがしているご自身の育児での実践している「やっておいてよかったこと」。マネしやすいものから、すぐに取り入れられそうですよね☆

出典:baby-mo(ベビモ)2014年秋冬号「0~2才までにやっておかなきゃランキング」
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム