おむつはずし いつ始める?どうする?

コラム
公開日:2015/01/29
更新日:2019/11/06
おむつはずし いつ始める?どうする?

「お世話がラクになる!」「経済的!」と、おむつはずしのメリットは多々あれど、何となく大変そうなイメージも。ベビー時代の最後の難関・オムツはずしをスムーズに進めるコツを、保育のプロ海沼和代先生に教えていただきました。

みんないつ始めてる?

まずは先輩ママたちのおむつはずしの状況をアンケート結果からみてみましょう。1才前からチャレンジしている赤ちゃんは少数派。「2才」をおむつはずしのスタートラインに設定したママが最も多い結果に。着替えや洗濯がラクな春夏にスタートする、というママも。

おむつはずしを始めたタイミングTOP5

1位 2才まで 33%
2位 1才~1才6カ月 28%

3位 幼稚園入園まで 11%

4位 1才以降で暖かくなってから 8%

5位 本人が言うようになったら 5%

1才半ごろからトライ!おしっこの間隔が2時間あいたら始めどき

おむつはずしのタイミングは個人差が大きいもの。1才半から2才くらいがスタートの目安ですが、月齢よりも赤ちゃんの体の準備がととのっているかが大切です。おしっこの間隔が2時間くらいあくようになったら、そろそろ始めどき。トイレに行って便座に座らせてみましょう。偶然にでもおしっこが出たら、たくさんほめてあげて。「自分でできた」経験を重ねて、トイレでおしっこをする感覚をつかんでいきます。

保育園のトイレトレーニング 3STEP

「トイレ、いこっか?」とタイミングよく誘えるとベビーもやる気に……。

「トイレ、いこっか?」とタイミングよく誘えるとベビーもやる気に……。

1 タイミングよく誘う!

前のおしっこからの時間を見計らって、「今だ!」というときに「トイレ、いこっか?」と声かけ。ただし、遊びに夢中になっているときに無理に連れていくのはNG。一段落するのを待ってからお誘いを。また、遊びに夢中でトイレに間に合わなくても、しからないで。

2 便座にすわらせて

タイミングがよければ、便座にすわると「ちーっ」とおしっこが出ることが。この「出た!」という感覚をつかむことで、次第にトイレでおしっこをすることを覚えていきます。

3 できたら激ほめしてあげて!!!!

おしっこができたら、大げさなくらいほめてあげて。自分でできたという達成感が、赤ちゃんのやる気を引き出します。おしっこが出なかったり、間に合わなかったりしてもしかってはダメ。

おうちでもマネしたい!保育園の“トイトレ”の演出テク

トイレに行くまでにもワクワクスポットを

トイレまでの途中にある、金魚の水槽にごあいさつ。「金魚さん、トイレいってきまーす!」。おうちでも、廊下にぬいぐるみを置いたり、歌を歌いながらトイレに行くなど、赤ちゃんがワクワクするお楽しみがあると◎。

トイレをかわいく明るい空間に

茶々保育園では、トイレをうさぎさん、カバさんのイラストで飾っています。好きなキャラクターの便座カバーをかけたり、じょうずにできたらシールを貼るようにするなど、楽しい雰囲気づくりも大切なポイントです。

ポイントは、この時期の赤ちゃんは好奇心旺盛。水洗バーを何度も押したり、トイレットペーパーをポイポイ捨てたり、ママにとっては困ったイタズラをすることも。でもそれは、赤ちゃんがトイレに興味を持っているからこそ。頭ごなしにしからず、「お部屋で遊ぼうね」などとじょうずに気をそらしてあげることだそうです。

お話/海沼和代先生 社会福祉法人あすみ福祉会 茶々保育園グループ 
出典:baby-mo(ベビモ)2014年秋冬号「0~2才までにやっておかなきゃランキング」
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム