「里帰り出産」を選んだママの声を集めました

コラム
公開日:2015/01/17
更新日:2018/12/19
「里帰り出産」を選んだママの声を集めました

退院後に実家や義父母の家ですごす「里帰り出産」。実際に里帰りを経験した先輩ママの生の声を集めました。生活がガラリと変化する産後過ごし方の参考にしてください。

里帰り「する」「しない」はいつ決めるもの?

赤ちゃんとの慣れない生活や、ママの疲れた体をサポートしてもらうための「里帰り」。姉妹誌『Baby-mo(ベビモ)』の先輩ママにアンケートを調査したところ、ダントツ多かったのが「はじめての出産で不安だから」の理由でした。里帰りはお産ギリギリになって決めるのではなく、早めに「里帰りする・しない」を決めて、分娩予約や準備をしましょう。

●一般的な里帰りスケジュール●

【妊娠初・中期】

里帰りを決めたら転院先の“分娩予約”を早めに! 分娩できる施設がかぎられていたり、里帰り出産は受け入れていない病院もあるので、早めに動き始めて。

【妊娠9カ月ごろ】

妊娠35~36週目までには転院出来る準備を。ちなみに、分娩予約後にその産院で一度健診を受けるのが一般的です(妊娠中期ごろに)。

【1カ月健診後】

自宅に戻る目安は産後1カ月。出産した病院でママと赤ちゃんの1カ月健診を終えて、問題がなければ自宅に戻れます。スムーズに戻るダンドリを決めておいてください。

里帰りを選んだ理由は?

1位 はじめてのお産で不安だった

2位 産後にサポートしてほしかった

3位 孫と過ごす時間をプレゼントしたかった

「新米ママパパだけだとパニックになると思ったから」(りょうママ)、「若いころは親に心配ばかりかけていたから、孫を早く抱っこさせてあげたくて。親孝行できたかな」(のんママ)

里帰り先は?

ママの実家…92%

パパの実家…5%

その他…3%

ほとんどが「ママ(自分)の実家」に里帰り。「気兼ねなく過ごせるから」(Kママ)、「精神的にも落ち着く」(陽子ママ)。なかには「義父母と仲がいいのでパパの実家でも問題なし」(亜美ママ)や、「助産師の妹のところですごした」(杏ママ)の声も。

いつ里帰りした?

産前…82%

産後18%

産前に里帰りが8割超え。「予定日2カ月前に帰って、久しぶりの実家を満喫♪」(Kママ)。実家が近いと「産後に里帰り」が多く、「転院したくなかったので退院日にその足で実家に直行!」(かすみママ)

里帰りしてみてどうだった?

「甘えていいんだよ」の言葉に感謝しました

家族が身の回りのことをしてくれたので、私は赤ちゃんのお世話に集中できました。母から「甘えることも親孝行」と言われたとき、里帰りしてよかったと実感しました。I・Cさん&Hくん(6カ月)

まわりに人がたくさんいたから楽しかった

里帰りしてよかったです。先輩ママ(母や姉)が近くにいるから、いろいろと教えてもらったり助けてもらえたりして、ひとりで悩むことが少なく、楽しく過ごせました。K・Mさん&Aくん(6カ月)の場合

育児の大先輩に頼りっぱなしでした

里帰りして産前も産後も思いっきり体を休めることができたし、育児のストレスが母のおかげで軽くなりました。育児の大先輩=母親が、とっても頼りになる存在でした。K・Mさん&Hくん(10カ月)

産後のママと赤ちゃんをサポートするサービスもCHECK!

産後の生活が不安なプレママに朗報! 産後をサポートする人や制度はたくさんあります。妊娠中から情報収集しておきましょ。

ダスキンメリーメイドの産前産後応援プラン
ダスキンの家事代行サービス。「産前産後応援プラン」なら、うれしい特典つきで、産前産後の大変な時期を、お掃除や家事を代行することでサポート。(問)ダスキンコールセンター ☎0120-100-100 ホームページはこちら

ドゥーラの産後サポート事業「産後ドゥーラ」
経験豊かなスタッフが産後ママをお手伝い。食事作りや掃除、買い物、病院への付き添い、上の子の遊び相手など、家族とともに併走します。(問)ドゥーラ協会 ホームページはこちら

わからないことだらけのはじめての育児。無理をせずに「頼れるところは頼る!」が子育てには大切です。ママやパパの実家のほか、産後サポート事業もたくさんあります。産後に慌てないためにも、妊娠中からチェックしておきましょう!

出典:Pre-mo(プレモ)2015 春号「里帰りする?自宅でお世話する?」
※情報は掲載時のものです。

あなたにおすすめ

注目コラム