自分でできるママの涼しげヘアアレンジ【ミディアム編】

コラム
公開日:2013/12/09
更新日:2018/12/10
自分でできるママの涼しげヘアアレンジ【ミディアム編】

産後のママは、授乳のときやお世話する際に邪魔にならないヘアスタイルがマスト。簡単&かわいいヘアアレンジは、おしゃれなママたちに教わるのがいちばんですよね!自分でできるアレンジテクを伝授してもらいました。

即旬顔になれる「顔まわり編み」


前髪とトップの髪を編み込みにして、顔立ちまで華やかに! 編み込みは太めにざっくり編むのがカギ。時間が短縮できるだけじゃなく、存在感も強調できます。「大きめの横長バレッタは、きちんと感を出したいときにも、カジュアルなときでも相性がいいので、フル活用中♪」

B_2013_s-a_71B_2013_s-a_72

【HOW TO】

HOW TO・1
 1. 前髪とトップを編み込みに

前髪を1:9で分けたら、9側の髪を編み込みにしていく。毛束は太めにとって、ざっくり大きく編んでラフな質感に。

HOW TO・2
2. 耳まで編んだら三つ編みに

耳まで編み込んだら、毛先まで三つ編みにしてゴムで結ぶ。シリコンゴムなら目立たなくておすすめ。

HOW TO・3
3. 毛先をえり足でピンどめ

三つ編みの毛先をえり足に持ってきて、下からピンをさしてとめる。最後に耳上にバレッタをつける。

くずれ知らずの「涼しげひとつ結び」

B_2013_s-a_73

定番のひとつ結びもカチュームをつけるだけで凝った感じに。「短くてパラパラ落ちてきがちな顔まわりの毛束をきっちりキープしてくれるから子どもを追いかけまわしても安心。トップにさか毛を仕込むひと手間で、美容院でやってもらったようにふっくら仕上がるからトライしてみて!」

B_2013_s-a_79B_2013_s-a_78

【HOW TO】

HOW TO・1
1. トップにさか毛を立てる

トップの毛束を持ち上げて、内側の根元部分にさか毛を立てる。ボリュ
ームが出て、1日ふんわりキープ。

HOW TO・2
2. えり足で髪をひとつに結ぶ

手ぐしで全体の髪を集めたら、えり足で、ゴムで結ぶ。低めの位置で結ぶと、落ち着いた雰囲気に見せられる。

HOW TO・3
3. カチュームに前髪を入れる

前髪は片サイドにすべて流して耳かけし、毛先をカチュームに入れ込む。前髪の短い人はさらにピンでとめて。

ゆる質感が可愛い「ふわくしゅポニー」

B_2013_s-a_80

トップから毛束を引き出して高さを出すだけで、いつものポニーテールが時間をかけずに可愛くチェンジ! 「伸ばしかけの前髪は、ねじってサイドでとめると、疲れた印象に見えず、おしゃれ風の顔立ちに。生えぎわの抜け毛が気になる人も、さりげなくカバーできるので覚えておくといいですよ!」

B_2013_s-a_83B_2013_s-a_84

【HOW TO】

HOW TO・1
1. 毛束を引き出し高さを出す

手ぐしでラフに髪を集めてポニーテールを作る。くずれないようゴムをおさえながら毛束を引き出す。

HOW TO・2
2. 前髪をねじってピンでとめる

毛先をこめかみによせてピンどめ。前髪の内側に軽くさか毛を立ててからねじるとふんわり仕上がる。

ヘアアクセサリーで即華やぎヘア♪

小さめ飾りピンは顔まわりのアクセントにお役立ち

前髪や、顔まわりのちょっとした毛束には小さめのピンが便利。さっととめるだけで、おしゃれなアレンジ感が出せる。

B_2013_s-a_86B_2013_s-a_87B_2013_s-a_88

どうせ結ぶなら可愛いゴムを使って

ひとつ結びも飾りゴムを使うだけでお出かけ仕様に。シュシュよりきっちり結べてくずれにくいからお直しいらず。

B_2013_s-a_90B_2013_s-a_89

くずれにくさも今どき感も底上げ

落ちてきやすい顔まわりの髪をしっかりホールドしつつ、トレンド感も出せるカチューシャは、ママにもってこいのアイテム!

B_2013_s-a_91B_2013_s-a_92B_2013_s-a_93

スタイリングアイテムでニュアンスを演出

スタイリング仕立てのニュアンスを1日キープ

とび出る浮き毛をおさえるのにも◎

B_2013_s-a_94B_2013_s-a_95B_2013_s-a_96

寝る前に仕込んで翌朝のスタイリング時間を短縮

まとまりがでて扱いやすい髪に。

B_2013_s-a_97B_2013_s-a_98B_2013_s-a_99

 出典:Baby-mo(ベビモ)

あなたにおすすめ

注目コラム