昼のベビースペース、快適に過ごす7つのポイント7

コラム
公開日:2014/11/10
昼のベビースペース、快適に過ごす7つのポイント7

もうすぐわが家にやってくる赤ちゃんのために、そろそろ準備しておきたいのが「ベビースペース」。まずはじめに考えたいのが、日中の大半を過ごす昼のスペース。どんな点に気をつければよいのか、チェックポイントを7つ挙げました。

ポイント1 エアコンの風がベビーに直接当たらない

エアコンの風は思った以上に強いので、ベビーに直接当たらないよう風向きを調節しましょう。暑すぎず、寒すぎないように室温設定を。

ポイント2 直射日光がベビーに直接当たらない

部屋の向きなどによっては、日差しが強すぎる場合も。窓にはカーテンをつけて、直射日光をさえぎることができるようにしておきましょう。

ポイント3 風通しがよい

空気がこもらず、換気のよい場所を選んであげて。実際にベビーを寝かせる場所に寝そべってみて、風通りをチェックしてみてもいいでしょう。

ポイント4 掃除がしやすい

ハウスダストやほこりはベビーの大敵。ねんねスペースはほこりがたまりにくい場所を選びましょう。ママが掃除しやすいよう、まわりに物を置かないこと。

ポイント5 まわりに背の高い家具や落ちそうなものがない

地震などで倒れる可能性のある家具や本棚、花びん、置物など、落ちてきたら危険なものはそばに置かないように。

ポイント6 家事をするときに目が行き届く場所にいる

家事をするときは、ベビーの様子がよく見えるように配慮すること。ハイ&ローチェアやバウンサーにベビーを寝かせておくのもよいでしょう。

CMC_8367

ポイント7 ベビーの近くにお世話グッズを置く

おむつやガーゼなどお世話に必要なグッズは、かごやボックスにまとめておき、いつでも取り出しやすいようにベビーのそばに置いておくと便利です。

まとめ

昼のスペースは日中ほとんどの時間を過ごすだけに、安全面はもちろんのこと、ベビーが快適に過ごせるか、ママがお世話がしやすいかということも視野に入れることがポイント。そのうえで、バウンサーやハイ&ローチェア、ベビーベッドなどのグッズや家具を置く場所を決めていくのがおすすめです。

出典:Pre-mo(プレモ)2014年冬号「赤ちゃんスペースづくりのキホンのキ!」
※情報は掲載時のものです。

あなたにおすすめ

注目コラム