「赤ちゃんはどうして泣くの?」がわかる!

コラム
公開日:2014/07/06
「赤ちゃんはどうして泣くの?」がわかる!

赤ちゃんがなかなか泣きやまなくて「こっちが泣きたい」と途方にくれてしまったこと、ありますよね? そうならないために「赤ちゃんの泣きの原因」を探りましょう!

_MG_3359

●お話をうかがいました●
白百合女子大学教授・秦野悦子先生

秦野先生顔写真児童文化学科発達心理学専攻。専門は発達心理学(発達語用論、障害児のコンサルテーション、子育て支援)。私生活では三児の母。

読者ママ100人を大調査!

Q:赤ちゃんが泣いている原因ってわかる?

わかる 67% わからない 33%

Q:赤ちゃん、最長でどれくらい泣き続けた?

10分未満 3%
10~30分未満 12%
30分~1時間未満 25%
1~2時間未満 22%
2~3時間未満 13%
3時間以上…25%
「泣いても30分程度」という親孝行な赤ちゃんは少数派。半分以上の赤ちゃんが「1時間以上泣き続けたことがある」という結果に。なかには「4時間泣きやまなかったことがある」というツワモノベビーも!

Q:赤ちゃんが泣きやまなかったときの心境は?

●新生児のころ「これがずっと続くのか……」と不安に(Mママ)
●「もうこっちが泣きたいわ!」と、いっしょに泣いた(Cママ)
●「わかってあげられなくてごめん!」(Hママ)
●「しぶといやつめ!!」(Nママ)
●「どこか悪いの?」とオロオロ(Mママ)

そもそも、赤ちゃんはどうしてこんなに泣くの?

泣きは赤ちゃんの「守って」「なんとかして」というコミュニケーションです

かわいいわが子とはいえ、泣き声は耳ざわりがよくないもの。「赤ちゃんの泣き声は、誰にとっても不快に感じるようにできているんです。なぜなら、おなかがすいた、眠いなどの不快を自分で解消することができない赤ちゃんにとって、泣くことは周りの人に“この状態をなんとかして”と知らせる唯一の手段。泣きは赤ちゃんの命綱であり、コミュニケーションなんです。泣きやませるには不快の原因を推測して取り除いてあげること。ただし、原因がはっきりわからないこともありますし、なかなか泣きやまない気質の子も。『これかな?』と推測した泣きやませ対策でいつでも泣きやむとは考えず、気長におつき合いしてあげてくださいね。

こちらもチェック!

眠い、暑い・・・とにかく「不快」で泣く
「たそがれ泣き」は気分転換が◎
人見知り&場所見知りで泣く。どうすれば?
赤ちゃんの夜泣きと上手につきあう方法
1才半頃からはじまる「甘え泣き」
イヤイヤ泣きは自立への第一歩

あなたにおすすめ

注目コラム