赤ちゃんの能力を伸ばすカギは「不思議!」 と感じる経験【高濱正伸先生】

コラム
公開日:2014/05/15
赤ちゃんの能力を伸ばすカギは「不思議!」 と感じる経験【高濱正伸先生】

0~3才の乳幼児期は、小学校に上がってからのあと伸びを支える、いわば「種まき」の時期です。では子どものために親がしてやれることは何なのでしょう。花まる学習会代表、高濱先生のお話をお伺いしました。

「わぁ、きれいだね~」感動は言葉で伝えよう

感性=感じる力を獲得できるのは自然界からです。子どもが中学生くらいになって夕焼けを見て「きれいだな」と思うかどうかは、幼児期の母親との関係に尽きます。

夕焼けや紅葉など自然の美しさにふれたときは、お母さんが感動して言葉に出して子どもに伝えれば、子どもは感性を伸ばせるのです。何かを「ステキだな」と思える子は、いつも「これ、おもしろいな」と思っている感覚や視点が正しい。いいものにいいと思える感性というのは、一生を考えると、とてつもなく大きなものですよ。

ふだんの生活にも「不思議」なことはあふれています

han0204-049

幼児期は、理科的な感覚も養える時期です。私自身も母親が表面張力のことを話してくれた情景をよく覚えています。コップに水をぎりぎりまで入れて、どこまで入れてもこぼれないか、なんてね。こうした小さいころの理科的な基礎体験がないと、実際に授業で実験をしてもおもしろくもなんともありません。とにかく親は、子どもに「わぁ、不思議」と思わせる、さまざまな体験をさせてください。

高濱先生写真

お話/花まる学習会代表
高濱正伸先生
東京大学、同大学院修士課程修了。1993 年に「数理的思考力」「国語力」「野外体験」を重視した「花まる学習会」を設立。引きこもりや不登校など実践的問題解決にもとり組む。親向けに年間100 回以上行なう講演会は、キャンセル待ちが出るほど大人気!
出典:育脳Baby-mo(ベビモ)「0~3才で絶対しておきたい5つのこと」
※情報は掲載時のものです

「育脳Baby-mo」好評発売中ですikunoubaby-moAmazon_100

コチラもオススメ

ベビーの育脳、学習の基礎力は幼児期の体験から

ママのストレスは育児の天敵、どう解消する?

子どもの能力を伸ばす、0~3才にしたい5つのこと

あなたにおすすめ

注目コラム