赤ちゃんの寝付きも良くなる、タッチケアを始めよう!

コラム
公開日:2014/11/28
更新日:2018/12/10
赤ちゃんの寝付きも良くなる、タッチケアを始めよう!

みなさん「タッチケア」をご存じですか?
それは、赤ちゃんの寝つきがよくなり、親子の絆も深まる魔法のマッサージ。
「すぐに始められる」「難しくない!」
毎日続けられる、タッチケアの簡単テクをまとめました

吉永陽一郎先生・写真

■監修

吉永陽一郎先生

吉永小児科医院院長。日本タッチケア研究会幹事。赤ちゃんの病気で不安になりやすいお母さんの心にまで寄り添う診療で親しまれる、あたたかい先生。日本外来小児科学会理事などを務める。『子育ての、そばにいるのはだれ?』(メディカ出版)など著書多数。

ここが押さえどころ!

1.始める前に…

つめを短くし、指輪や時計をはずす

指先や手のひら全体を使って赤ちゃんの肌に直接ふれるのが、タッチケア。つめは短くし、指輪などの装飾品ははずすのが基本です。

手を洗い、あたためて

手を洗い、あたためて

冷たい手で素肌にふれられたら、びっくりしてしまいます。手を清潔に洗ったら、あとはお湯などであたためて。特に裸で行う場合は室温をチェックし、お部屋もあたためて。

2.避けたいタイミングは…

深く眠っているとき、大泣きしているとき、
空腹・満腹時は避ける

親子でリラックスしているときがマッサージタイム♪ 体調の悪いときや機嫌がすぐれないときに無理にするものではありません。また、皮膚トラブルがあるときも避けます。

3.行う時間は…

すき間時間にちょこっとやるのもOK
1日15〜20分が目安です。
すき間時間にちょこっとやるのもOK

1日の合計タイムを15〜20分と考えて。ただ、続けて行わなければいけないわけではなく、「おむつ替えのついでに足をちょこっと」「抱っこをしながら腕をこすっちゃおう」など、日常シーンに取り入れることがポイントです。

4.行うなら裸んぼ?

直接肌にふれるようにして
服を着ていてもOKですが、
そのときも直接肌にふれるようにして

タッチケアは裸の状態でしてあげるのもいいですが、洋服の下から手を入れてしてあげてもかまいません。つまり、大切なのは肌に直接ふれること。臨機応変に"タッチ"でケアしましょう。

5.オイルの使用は…

使わなくても大丈夫。
使用する場合は、良質で無香料のものを

オイルは絶対に使わないといけないわけではありません。ただ、オイルを使ったほうがタッチケアをしやすい、と感じるお母さんは多いですね。良質で無香料のオイルを選び、タッチケアで使用する前日に足首に少量つけ、当日肌に問題ないかを確認してから始めましょう。なければ、使い慣れたベビークリームなどでもOK。

6.ママの気持ちは…

プロセスにこだわりすぎなくてOK!
義務感なんて×。
プロセスにこだわりすぎなくてOK!

「毎日やる」「きちんとこなす」などと、手順やプロセスにがんじがらめになっては楽しくありませんね。大人も子どもも集中して向き合い、毎日ちょっとずつでも続けることを目標に。

7.行う環境は…

テレビ、携帯電話はOFFにして
テレビ、携帯電話はOFFにして

テレビを見ながら、携帯電話を使いながらはダメ。親子で集中できる環境を整えましょう。心地よい音楽を流すことはいいですね。

大判タオルやマットを敷いて行います

赤ちゃんを床にごろんと寝かせて行うのが、親子ともに一番リラックスしてできる姿勢です。ときにはお母さんのひざの上でもやってみましょう。

8.行うときのポイントは…

目と目を見つめあい、語りかけながら
目と目を見つめあい、語りかけながら

タッチケアは、親子の「きずな」を深めることが目的。赤ちゃんの目を見つめ、語りかけながらゆったりと行いましょう。「気持ちいい?」「楽しいね」など、語りかける言葉はいっぱい!

9.いつからできる? もう遅い?

家で行うなら2〜3カ月ごろからOK。
いつからでも遅くありません

NICUでも行われているので、基本的に新生児からOKですが、お母さんが赤ちゃんへの接し方に慣れた2〜3カ月ごろからが望ましいですね。2才を過ぎてからでも遅くないですよ。

出典:Baby-mo(ベビモ)「タッチケアを始めよう」
※情報は掲載時のものです
イラスト/はしあさこ
こちらもチェック!

タッチケアを始めよう!【タッチケアって何ですか?】
タッチケアを始めよう!【タッチケアの基本】3カ月ごろから

あなたにおすすめ

注目コラム