ねんねベビーだって公園遊び♪

コラム
公開日:2014/02/25
ねんねベビーだって公園遊び♪

お外が初めてのねんねベビーや、まだ歩けないおすわり&はいはベビー、
ヨチヨチ歩きのたっち&あんよベビーにも、
“公園”は実はとても魅力的な場所。

月齢を問わず、公園は楽しめる場所なのです。

冬が開け、そろそろおでかけ日和です。
お天気のいい日は、いつもの公園で、赤ちゃんと一緒に楽しみましょう。

中村先生と保育士ママたちに聞いた
公園遊びのテク

さまざまな子どもたちに、たくさん接している保育士さんは、どんな公園遊びをしているのか気になるところ。そこで、保育士であり、現役の先輩ママでもある保育士さんたちに、実際の公園遊びを伝授してもらいました。また発育発達学を専門とする中村和彦先生にも公園遊びのよさを教えていただきました。なるほど! がいっぱいです。

ねんねベビーの遊び方

「まだねんねの時期だから公園なんて早い」と思ったら大間違い。遊具で遊ぶのはまだまだ先でも、公園には、室内遊びでは得られない、発育発達を刺激する要素がいろいろ!

草花をさわって感触にドキドキ

草花をさわって感触にドキドキ
手の届かないところにある葉っぱやお花。抱っこをして近くに寄ってあげれば、赤ちゃんの視界も広がり、自然とさわってみたい気持ちを刺激します。「キレイな葉っぱだね」「緑色でやわらかいね」など、適度に声がけも。

抱っこしてぐる〜ん♪

抱っこしてぐる〜ん♪
大好きなママやパパに抱っこされて、大きくぐる〜んと回れば、視界も360度開けて、赤ちゃんの全身も刺激! 単純だけれど、首すわり以降のねんねちゃんには、体勢がガラリと変わるだけでも楽しめるものです。

抱っこして遊具にタッチ

抱っこして遊具にタッチ
見るものふれるもの、何でも新鮮に感じるねんねちゃんの時期は、大人のサポートで、公園にしかない遊具にふれるだけでも五感を刺激! 「これは何だろうね〜」「犬さんだね」などと話しかけながらふれあいを楽しんで。

レジャーシートの上でゴロゴロ

レジャーシートの上でゴロゴロ
おうちの中でゴロゴロするのとは、まったく違った刺激を受けられる屋外でのゴロゴロ。木陰を見つけてレジャーシートを敷けば、ねんねちゃんでも安心のスペースが簡単にでき上がります♪

葉っぱをゆらゆら

葉っぱをゆらゆら
自分からさわりに行くことができないこの時期は、大人のちょっとしたサポートで体験の幅がグンと広がります。目の前で葉っぱを揺らすだけでも、光の加減や葉っぱの色、感触など、赤ちゃんを刺激する要素はたっぷり。

ベビーカーで公園内をおさんぽ

ベビーカーで公園内をおさんぽ
外気浴もかねて公園内をおさんぽするだけでも、ふだんのお出かけとは違った刺激があるもの。街中を歩くのとは視界が異なるのが公園のよさです。「風があたたかいね」「鳥さんが飛んでるね」と声がけしながら、おさんぽを♪

自分より大きな子が遊ぶ様子を観察

自分より大きな子が遊ぶ様子を観察
公共の場である公園には、さまざまな人が訪れるもの。大きな子どもたちのダイナミックな遊びでケガをしないように程よく距離をとりながら、異年齢の子の遊ぶ様子を観察するのも、赤ちゃんにとっては刺激的です。

中村和彦先生・写真
■お話/山梨大学大学院教育学研究科 教授 中村和彦先生
NHK教育テレビ「からだであそぼ」「あさだ! からだ!」などの監修を手がけていた中村先生は、子どもの発育発達学のプロ。
『子どものからだが危ない』(日本標準)など著書多数。
こちらもチェック!

公園遊びが100倍楽くなる3つのポイント
おすわり&はいはい時期の公園での遊び方
たっち&あんよベビーが喜ぶ公園遊び

いつもの公園が100倍楽しくなる遊び方【ねんねベビー】

あなたにおすすめ

注目コラム